確実なキーワードを決定したターゲット層を設定しなければなりません。

自分の事業を宣伝することが

こんなに難しいとは思わなかったと。

お話されている方々がたくさんいらっしゃいます。



オフライン広告には限界があり、

オンライン広告を通じて

効果を見ようとする方たちが

増えている趨勢ですね。



特にブログによる広告、

ブログの上位露出が持つパワーが強大で

競争が熾烈な状態です。



しかし、何よりも重要な核心は

ビューに露出する場所を先取りし、

行われるということです。



経済が厳しく、消費者の視線を集めることが困難なら、

これから好況できるように

方法を調べてみてください。


まず良い地位を先取りするためには、様々な

方法がありますが、その中でも確実なキーワードを

決定した後、ターゲット層を設定する必要があります。



ブログの上位露出は細かいところまで

見抜けないといけないので。

逃してもいい部分はありません。



インターネット、さらにオンライン、구글상위노출 その中にプラットフォーム、

つまり、ブログがこんなに盛んになる前まではどうだったのでしょうか?



簡単な理解を助けるために

オフライン広告の例を見てみましょう。

屋外広告です。



屋外広告も種類が

多様で目的により異なります。

たいていアドバルーンや看板などの設置物で

広告をする方式ですが。

重要な点は、目につきやすい所に

設置することです。



このような点がブログの上位露出と

同じだと言えますね。



もしあまり目立たない場所に設置したり、

人が多く行き過ぎない場所に設置したら、

関心がないので

効果を得られませんが。



だからこそ一番先に決めることが

位置を決め、状況によって

どんなものにするか確定するものです。



こうやってスタートするための環境を

造成することは基本となります。

以後徐々に目標を

一つずつ達成していくのが良いと思います。


このように屋外広告は席が重要ですが、

特に特定の環境にさらされる屋外広告は、

ターゲットと目的をより強固にする必要があります。



すぐ高速道路があります。

これは自動車を所有しているか、

高速道路に乗って移動する方々が

ターゲットだと言えます。



このような方々を狙って、広告のための大型看板が

あちこちにあることが確認できます。



特にこのように配置された大型看板は、

目に入りやすくターゲットが合致すれば

効果があるでしょう。



特に運転者や高速道路によく乗る消費者の

状況、性向等を把握した広報が行われれば、

もっと耳目を集めやすいと思うし

効果もまた保障されるでしょう。

これがまさにターゲットです。


このように核心がどんなものであるかを知って

近づくことは最も基本となる方式であり、

接近とも言えます。



それならブログの上位露出は

どのような人に、どのような方式で進められるべきでしょうか。



まず長所と短所を正確に認知して私に本当に

あるべき広報方法なのか考えていただかなければなりません。



まず良い点としては、露出数と転換に伴う

CTR(Click Through Rate), 즉 클릭률과

CVR(Conversion Rate), 즉 전환율에

直接的に打撃がないということです。



クリック率は、単語のように広告をクリックした

時に暴露回数で除した割合を意味し、

コンバージョン率は、そのページを訪れた人数を

転換された回数で割った割合を意味します。



ここで転換とは、正確にどのようなものなのか、

不思議な方々も、 もちろんいらっしゃると思います。

これは実際に売上が行われる前に、

全ての過程で変化が感知されることです。



昔に入って会員加入をしたとか、

ある製品を蒸し器、あるいは買い物かごに入れたり、

購入するなど、売上に直結したモーションが

感知されたものを言います。

ブログの上位露出は上段に位置している場合、

それを直接聞き出すことはできなくても

影響が出る範囲から脱皮し、

当該割合による差引額の懸念をせず、

自由になれます。



しかし、逆に効果も保証される

できなくてこの部分は短所になることもできます。



これにとどまらず、最近はメリットだった

自然な文は見えないほど

人為的で作為的な広告市場が

できたようですが。



似たようなタイトルと内容、写真で

反感を抱かせるようです。




確かにいつか見た写真と文章だけど

新しく投稿された投稿や数日も経っていない

書き込みで混乱する時もありますが



一度場所を決めたら、その効果がある程度

認められたということだから消した、

上げたを繰り返すことです。



なので僕たちが情報を探そうとする時、

見慣れた内容が多く、一度見たものを

また接するなど、新しい見どころや読み物、

つまり、新しい情報を習得するのに

制約があるようですが。



一つの市場が形成され、

多くの事業体と人々が当該進め方を理解して行っています。


前にはブログが初めてできて、

多くのユーザーが一日を共有しながら

様々な情報も共有しましたが、

今はその純粋だった目的が消えて

次第に事業性に変質しています。



それだけ消費者も広告ではないこと、

広告であることにすぐ気づいているという

言葉でもあります。



もちろん、商品を無料で提供されたり、ある程度の

支援を受けたら、それを必ず公開して進め、

広告の意味を失わないかもしれませんが、

該当製品を調べて、購入し、使用するまで

すべてを直接したというようなニュアンスの文は、

そのブログを探している同じユーザーを欺瞞する

行為となりうるし、そのユーザーもまたそれを知り、

拒否感を感じるかもしれません。



そのため、ブログの上位露出はどのように、どこで、

なぜするのか明らかな目的を持って

自然に感じられるように進行するのが良いでしょう。



自然な広告を

広げるべきです。

답글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다